名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

SELP1650 — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

SELP1650

16-50mm F3.5-5.6のズームレンズ。Eマウントのズームレンズでは最薄・最軽量。普及率が高く、多くのユーザーが「最初に手にする」レンズです。

SELP1650

16-50mmまでをカバーする「初めてのズームレンズ」
型番 SELP1650
名前 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
マウント,センサーサイズ ソニー Eマウント,APS-Cサイズ
レンズタイプ ズーム
焦点距離(mm) 16-50
開放F値 3.5-5.6
価格 32,190 円+税
大きさ
フィルター径(mm) 40.5
外形寸法(最大径 x 長さ(mm)) 64.7 x 29.9
重量 約(g) 116
付属品
フード
フロントキャップ
リヤキャップ
ケース
その他付属品

SELP1650の特徴

16mm~50mmをカバーする標準的なズームレンズ。「もう1、2歩下がりたいけど下がれない」時の撮影にとても重宝します。例えばレストランでおいしそうなお料理が出てきた時。記念に撮影しようとしても、料理全体が収まりきらない。全体を収めるには席を立って後ろに下がらねばいけない…。そんな時は16mmまでカバーしてくれるSELP1650の出番です。椅子に座ったままズームレンズを回せば、料理全体はもちろん、向かいの席に座っている家族やお友達の姿まできれいに収めることができます。

「1本目のズームレンズ」

SELP1650は「初めてのズームレンズ」として高い人気を得ています。このレンズとカメラ本体を組み合わせた「パワーズームレンズキット」はソニーストアでも人気の商品で、ユーザーが最初に手にするレンズとして広く認知されています。

ズームは手動と電動の2種類

SELP1650のズーム機能は手動と電動の2種類が用意されています。
手動は従来のズームレンズ同様、リングを左右に回します。調整を手早く合わせるのに便利です。それに対して「電動」はレンズ下部にスイッチで倍率を切り替えます。こちらはモーターを使うのでズームの速度は一定です。動画撮影でゆっくり一定のスピードで近づきたい場合に役立ちます。

SELP1650はこんな人にオススメ!

自分のいる撮影ポジションから
「もう数歩下がって撮影したい」
「でもこれ以上は下がれない」
そんな場面に遭遇した機会のある方はに特におすすめです。
先述のように、飲食店ではイスに座った状態で目の前のテーブル全体を収めることができますし、風景写真でもより広々としたイメージを演出することができます。

ケーキの写真
料理写真の一例。料理全体を収めようとすると席から立ち上がったり、ひどいときはその場から更に数歩下がらねばいけないときもあります。その点16-50mmまでをカバーできるSELP1650は座ったままの状態で料理全体どころか、テーブルの端から端まで写真に含めることが可能です。
SELP1650でメリーゴーランドを撮影
メリーゴーランドを撮影した写真。立ったまま撮影すると被写体が近すぎて一部分しか写らない。仕方ないので、その場にしゃがみこんでもまだ入らない…。そんな時もSELP1650の出番です。立ったままの姿勢でも、広い範囲を撮影することができます。
SELP1650で撮影した風景写真
SELP1650は風景写真でも強みを発揮します。広々としたイメージを出したいけれど「これ以上下がると車道に出てしまう」「建物があってもう下がれない」。そんな時こそ広角ズームの出番です。