名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

ズームについて — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

ズームについて

ズームとは、画面内で被写体を大きくしたり、小さくしたりすることを指します。

ズームには光学ズームとデジタルズームがあります。

光学ズーム

内蔵レンズ間の距離を変える事で、焦点距離を変えます。
一眼レフに使われるズーム対応レンズは、鏡筒が長いです。
焦点距離を変えるための空間が必要であると言えます。

デジタルズーム

イメージャーから取り込んだ画像からズーム倍率に合わせた分だけ狭い範囲の画像を切り取り、切り取った画像を拡大する方式がデジタルズームです。
ペイントなどの画像編集ソフトで、虫眼鏡で拡大するのと同じ方法です。

あまり極端に拡大し過ぎるとボロが出ますので、最大でも2倍までという設定がほとんどです。

明るさの変化

例えば、20倍にズームするという事は、その時に見られる景色は1/20の領域のみが見える事になります。
被写体から発せられる光量は変わりませんので、画面全体では1/20しか光が得られない事になります。
イメージャは、入力した光を全て信号に変えている訳ではないにしても、光量がかなり減る事になります。
明るい屋外でしたら問題にならないでしょうが、室内では暗くなりがちなので、注意が必要です。

「デジタルカメラ入門」の記事