名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

フォーカスについて — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

フォーカスについて

フォーカスとは焦点のことです。

双眼鏡を使うとよく判りますが、焦点が合わないとぼやっとした画像になります。
内部にレンズが何枚か入っていて、そのレンズの間隔を調整することでピントを合わせることができます。

ピント=フォーカスですが、デジカメでは液晶画面を見ながら撮影する事もあり、肉眼でピッタリとフォーカスを合わせる事は難しいと言われています。
デジカメは基本、自動でフォーカス(オートフォーカス)を合わせてくれます。

DSC-RX1のような単焦点レンズは、逆に合わせる機能が無い分、フォーカスが合う距離が普通のレンズより広くなるように作られています。

フォーカスを合わせるといっても、それは画面を大きくした状態の時だけ重要になります。
手前に引いて、視界を広くした状態では、近くも遠くもフォーカスはほぼ合っているのです。

全ての距離で合ってくれる方が便利ではないかと思われますが、遠くに焦点が合っているのは、それだけ画面内の被写体が小さいからであって、近くはごまかしが効かなくなるのであわせる必要があるとも言えます。

双眼鏡のたとえ話に戻りますが、倍率を下げると手前に引いた所から見る事になりますので、焦点がボケる事はなくなるのが、よく判るはずです。

「デジタルカメラ入門」の記事