名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

パソコン以外で写真を管理する方法 — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

パソコン以外で写真を管理する方法

撮った写真を保存する方法はいろいろあります。

まず本体には、メモリーカードに入れますが、写真を撮影しているとすぐ一杯になります。

それにバックアップが無いと心配です。

今回は、パソコン以外で写真を管理する方法を解説します。

パソコン以外で写真を管理する

通常は、パソコンに保存すると思います。

オススメは、パソコン本体のストレージ以外にも保存する場所を用意することです。

最近は、持ち運べるHDDもありますので、遊びに出る時などは簡単に持ち歩く事ができて便利です。

パーソナルコンテンツステーション(LLS-201)

ソニーのパーソナルコンテンツステーション(LLS-201)は、特殊な存在です。

容量は1TBあります。

パーソナルコンテンツステーションの特徴は、容量よりも、外部接続機能です。

y_LLS-201_001

Wi-Fiはもちろん、NFCやUSB接続、メモリーカードスロットなどを使って、データを保存することが出来ます。

また、デジカメだけでなく、スマホやタブレットといった色々なモバイル機器のデータを格納する事ができ、データの共有が簡単になります。

>>ソニーストアでパーソナルコンテンツステーションをみる

ブルーレイディスクレコーダー

あまり一般的ではないですが、ブルーレイディスクレコーダーに保存する方法もあります。

画像を取り込む方法は、USBケーブルで接続するのが一般的です。

ソニーのブルーレイディスクレコーダーは無線LAN内蔵のモデルがあります。

Wi-Fiでやり取りできるのはとても便利です。

ブルーレイディスクレコーダーで写真を管理すると良い点は、PCと違って難しい設定は不要な点です。

取り込みボタンを押すだけで、撮影データを全部レコーダ側へ取り込んでくれます。

取り込んだ後はTVで再生して楽しむ事ができます。

また、無線LAN内蔵モデルなら、無線でブルーレイディスクレコーダーにアクセスすることで、スマホやタブレットで閲覧できます。

>>ソニーストアでブルーレイディスクレコーダーを見る

クラウドサービス・外部サーバー

写真を管理してくれるサービスを利用するのも手です。

サーバーは、5GB程度までは無料のサービスが増えてきています。

ソニーのPlayMemory Onlineでは、自動アップデートを設定すると無料無制限という事です。(ただし画像サイズは、1920×1080にリサイズされます。)

外部のサーバというと、他人に見られてしまうののではないかと心配される方もいると思います。

基本的には個人情報ですので、これを無視するサービスはまずないと考えていいと思います。

PlayMemories OnlineやDropbox、Picasaなどのサービスがあります。

オススメは?

写真を管理するためだけに、新しくパソコンを買うのはあまりオススメできません。

価格的に最低限10万円程度は必要ですので、デジカメ用に買うと無駄な投資になってしまうかもしれません。

パソコンが家にないのであれば、コンテンツステーションか、ブルーレイレコーダーのどちらかがオススメです。

ただ、レコーダでも世代が古い(数年前)と、使い勝手が違いますのでご確認下さい。

一番お金がかからないのは、DropboxやPicasaなどのクラウドサービスのアカウントをつくるのが、お金と手間がかからない方法です。

「写真を撮ったあと」の記事