名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

三脚、一脚、カメラを固定して撮影しよう — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

三脚、一脚、カメラを固定して撮影しよう

望遠撮影、暗い場面でのノーフラッシュ撮影など、素手でカメラを使うには難しい場合があります。(ぶれてしまうため)
こんな場面では、三脚もしくは、行動性も加味した一脚、あるいは雲台のみを用意して、机などに置くなどの方法が必要です。

今回は、こんな場面に備えて、事前に準備するには何を気にしなければいけないのかを解説します。

三脚について

三脚はカメラを動かさないために使用します。
三脚は、デジカメが載った状態でも動かない程度の強度が必要です。

そもそもデジカメは軽いので、強度の心配は必要ないのでは?と考える方もいると思います。
確かにコンパクトタイプのデジカメは軽いです。

三脚は、固定位置が高くできるように、脚を長く伸ばせる構造にしてあるものがほとんどです。
三脚自身の重さが結構あります。

構造材はカーボンやアルミを使っているので「持つのも大変!」という程に重くはないですが、だいたい1~2Kgです。

三脚の選び方

立った状態で固定したいか、机の上等に載せて使うのかで、大きく構造、形状が変わります。
高さが必要であれば、一般的な三脚となります。

脚の長さは50cm程度ですから、3重の脚を全部延ばせば、脚を開いても1.5m程度の高さは確保できます。

価格も5000円程度の商品が主流ですので、気軽に購入できます。

机の上で三脚を使いたい場合は、一般的な三脚だと大きすぎるので、ミニ三脚という分類の商品を選ぶ事になります。

これはファッション的にも優れたものが多いですが、カメラ屋さんなどに置いてあるものはごく限られます。
ネット販売の方が選択肢が広がります。
価格も1000円程度のものから、数万円まで幅広く用意されています。
これは、皆さんの趣味嗜好で選んで下さい(笑)

カメラと三脚の脚は、ネジで固定しますが、この台座を雲台と呼びます。
カメラ固定だけではなく、角度の調整ネジなんかもついていますので、この機構次第で重さと価格に開きがでます。

入門用としてコンデジを購入したのであれば、これも初心用に固定ネジだけのシンプルな作りを選びましょう。

一脚について

脚が一本だけなので、安定性は今ひとつですが、人と一緒について回る用途として使うのであれば、三脚よりも効果を発揮します。

観光地等では、一般のお客さんの妨げにならないように、「三脚撮影禁止!!」と書いてある所もあります。
確かに、三脚を設置すると、1m四方程度は占有してしまいます。
混雑する場所では、三脚の脚が通行者の足に引っ掛かるなど、危険です。

一脚は人間が立てる場所ならばどんな場所でも使う事ができます。
ただ、脚が一本ですので、安定性は悪いです。
しかし、両腕で抱えるよりは、はるかに安定して撮影姿勢をとる事ができます。

足を一杯に延ばすと自分の背丈よりも高く抱える事もできるようになります。
例えば、人だかりができていて、その上から中を覗き込むようなアングルで撮影するような事も可能です。
人にぶつけてしまわないように注意が必要ですが(笑)

本格的な撮影には、カメラを固定する道具があると便利です。

「アクセサリー」の記事