名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

デジカメにもいろいろな種類が!あなたにオススメのカメラを解説! — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

デジカメにもいろいろな種類が!あなたにオススメのカメラを解説!

デジカメにも用途や性能など、多くの種類があります。
ソニーのデジカメだけでも、10~20の機種が販売されています。

どんなタイプのデジカメがあるのかわかりやすくまとめました。

コンパクト、カジュアルなデジカメ

メーカー毎に呼び名は色々ですが、一番の売れ筋というか、初心者から中級の方までを対象としたグループです。
商品ラインナップは豊富です。
コンパクトとかスタイリッシュといった言葉がよく使われています。

ボディも薄くなりました。
薄い部分で2cm程度、レンズの厚みを含めても、3cm程度です。

このタイプは、ほとんどが沈胴レンズを搭載していますので、このボディの中に納まっています。

重さは、100~200g程度ととても軽いです。
実物はカタログで見ているよりも軽くて小さいので、初めてみると驚きます(笑)

バッテリーの持ちも気になりますが、200枚から500枚程度とばらつきはあります。
これは、内蔵しているバッテリーの大きさにもよるでしょうが、毎日撮っても2~3週間は持ちますので、充分過ぎる容量と言えます。

ソニーのコンパクトデジカメは以下の3種類があります。

頑丈タイプ

コンパクト&カジュアルタイプの派生的な位置づけで商品化されているのが、防水等の耐環境性をうたったものです。
ソニーでは、DSC-TX30があります。

基本システムはコンパクトタイプを使いながら、外装を丈夫にしてあります。

レンズ等は、可動部を外に出せないので、沈胴レンズのものが使われています。
沈胴のような高倍率ズームは難しく、5倍程度です。

このタイプで重要なのは防水性能です。
水深10m程度が目安です。

これも業界の規格があり、IPX8相当と書いてあれば防水機能に関してはかなりのものです。
水深の数値などはメーカー毎に決められますので、信用するしかありません(笑)
保証に加入しておくと安心です。(ソニーならワイド保証)

防水機能を維持するためにはメンテナンスが必要です。(メモリーカードのカバーや接続ケーブルの蓋等の開け閉め後は、特に注意。)
説明書にメンテナンスについて書いてあるはずなので、詳しく読みましょう。

水深の次に重要なのは耐低温です。
スキーや登山に持っていきたいと考える人も多いと思います。

半導体部品は、低温状態においては正常に機能しなくなる事が多く、特に氷点下の場合は要注意です!
ソニーのDSC-TX30は-10度まで保証されています。
スキー、スノボ等の環境ならほぼ大丈夫です。

防塵性能、耐荷重等の追加要素もあり、アウトドア用途では万全なタイプです。

ソニーからはこちらの機種が販売されています。
DSC-TX30

高倍率ズームモデル

一眼レフのような形はしているものの、一般的なデジカメのグループです。
見た目にもレンズが目立ちます。

高倍率を主眼として作られています。
倍率はほぼ20~50倍と驚異的な数値が並んでいます。
ソニーのDSC-HX400Vは、デジタル超解像ズームを併用すれば100倍(!)までズームできます。

一眼レフの望遠タイプでもここまで倍率が大きいと、本体が大きくてとても片手で持ち歩けるものではありません。

デジカメは一体型なので、とてもコンパクトに作る事ができます。
レンズの突起部部を含めても10cm程度です。

重さは、コンパクトデジカメの比ではありませんが、一般的な一眼と比べると、相当軽いと思います。

マニュアルモードも多様で、使い方としては一眼そのものに近いですが、もちろんオートも充実しています。
中級といわず少し使い慣れたユーザであれば、結構使えるものです。

とにかく、倍率を追求するような、登山や野鳥観察等を楽しみたい方は、是非試していただきたいと思います。

ソニーの高倍率ズームモデルは2機種あります。

大型センサーモデル

このグループは、ハイエンド機種とも呼ばれます。

デザインは一眼に似た形ですが、イメージャーのサイズを売り文句にしているケースがほとんどです。
ハイズームタイプでも1/2.3型のような小さいものを使いますが、このクラスは35mmや1型等の大判イメージャーを使用します。

イメージャーについてはこちら
イメージャーの大きさについてはこちら

当然画質には、相当の能力が期待できます。(極端に暗い室内や、決定的なスポーツシーン等)

ソニーの大型センサーモデルは6機種です。

レンズスタイルカメラ

ソニーならではの斬新なデジカメです。
レンズ部分だけが独立したような感じです。
本体にはファインダーやディスプレイはついていません。

スマホなどと連携することを前提としています。

スマホのカメラをパワーアップさせるというイメージの製品です。
商品の発想も斬新ですが、使っていれば見た目も目立つこと間違いなしです(笑)

ソニーのレンズスタイルカメラは2機種あります。

これから購入する方は、まずがコンパクト型から検討すると良いと思います。
当然価格も安いです。
周囲の評判だけで中級以上を購入するのは、宝の持ち腐れになりかねません。
オススメはDSC-WX220です。

「サイバーショットレビュー」の記事