名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

その白、何色?ホワイトバランスに気を付けよう! — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

その白、何色?ホワイトバランスに気を付けよう!

写真を撮る時の光源の素性を理解しておくのは、とても重要な事です。
ただ、あまり複雑な事は気にしても対応できませんので、特に注意すべき事だけを簡単にご紹介したいと思います。

ホワイトバランスとは

被写体が白い物体であったとします。
これが太陽光の下で見た場合と蛍光灯の室内で見た場合で、人間の眼には同じように白に見えます。
(白いはずだと思っている、というのが正確かもしれません。)

しかし、その物体から反射される色は、同じ白でも厳密にはかなり違うのです。
例えば蛍光灯の下では、青みかかった白になるはずですし、白熱灯下では赤みかかった白になります。
人間の眼は環境変化に柔軟に対応しています。

青くても、赤くてもこれは白なのだという認識に立っています。(お寺のお坊さんのお説教みたいになってしまいました。)

カメラのイメージャは正直に色を再現しますので、青っぽい又は赤っぽい白となってしまいます。
例えば、シロクマのぬいぐるみを室内に置いてあるとしましょう。
室内に蛍光灯があれば、シロクマは水色のクマになってしまいがちです。

そこで登場するのがホワイトバランスという機能です。(前置きが長くなりました。)

光源として、太陽光、蛍光灯、白熱灯を指定する事により、水色クマをシロクマの白色に補正(戻す)してくれます。
もちろん、昼間の屋外で見たままになるという訳ではなく、人間が室内で見た色の感じになるべく近づけるという意味です。

ホワイトバランスのバリエーション

すでに書いたように、太陽光の明るい場面においては、光源の心配はしなくてもいいです。
オートモードが、室内や曇りの場合は、それに合わせて光源を選んでいただくと自然な色合いになります。

蛍光灯ですが、実は市場には何種類かの色違いのものが出回っています。
従来の普通の白と、昼光色という真っ白いものです。
その中間に昼白色というものもありますが、その違いはわずかで判別は難しいです。

絵画の展覧会等では、スポットライトやダウンライト等の複数の光源が混じっています。
どこを主な光源にしたいかをカメラに選んでもらうのは不可能です。

こんな場合は、ワンプッシュ取り込み(カメラによって呼び方はまちまちです。)を使って、主な光源の下に白っぽい紙等を置いて、取り込みボタンを押す事で、その主たる光源が認識されます。
これにより、周囲の色がその指定光源を中心に推定されて、例えばスポットライトを浴びた絵画が鮮明で、周囲は暗めになって芸術作品のみが強調された写真ができます。

ホワイトバランスの面白い使い方

人間と同じ感覚の色を取り込むのがホワイトバランスの機能ですが、面白みのある写真を撮る事もできます。

例えば、夕方の景色に夕日が含まれていた場合、オートホワイトバランスモードで撮影すると全体的に色合いが近くなってしまいます。
そこで、太陽光モードで撮ってみると、明るい光を前提としてホワイトバランスを取りますので、夕日の周りだけ赤くて、その他の景色は灰色といった面白い風景になります。

慣れてくれば、通常の使い方を離れて色々試してみると、楽しい発見があります。

「撮影してみよう!」の記事