名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

レタッチについて — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

レタッチについて

デジカメで撮影した画像の中に失敗したものもあると思います。
もう少し条件を変えればもっと良い画像になったのに!といった写真がたくさんあるはずです。

保存してある画像にちょっと手を加えて、よりよい画像にしてみましょう!
手を加えることまで失敗してしまってはただただ落ち込んでしまいそうです(笑)
失敗しても大丈夫なように、加工する画像は、もとの画像をコピーしたものにしましょう!
もとの画像があれば何度でも加工は可能ですので、最初は小さな修正にチャレンジして、納得のいく画像にしてみましょう。

デジカメでレタッチ!

保存してある画像を後から修正する事を全般的にレタッチと言います。
その手段としてPCが当然考えられますが、実はデジカメでもできる処理も結構あります。

簡単で効果が高いのが、赤目補正です。
撮影時点で小さな事前発光をすると赤目は相当軽減できますが、予期せず赤目が発生してしまったと気づいた時、赤目補正処理を行うと、赤くなってしまった瞳が黒くなります。

トリミングという、ズーム状態をそのまま切り出す機能も、ほとんどのカメラについていますが、これは、メール送信で容量を小さくしたいので、協調する部分だけにする時に使う訳ですが、送信したらすぐに削除しておかないと、本画像と混同して間違えたりしますので、注意して使って下さい。

パソコンでレタッチ

レタッチソフトは、世の中たくさんあります。
一番有名なのが、Photoshopです。
考えられるあらゆる修正機能が盛り込まれていますが、それなりに高価です。

無料で使えるフリーウェアなどもあります。
ソニーはPlayMemories Homeという画像管理・編集ソフトを無料で提供しています。

今回は大抵の画像編集ソフトに共通する機能、言葉に絞って紹介したいと思います。

ヒストグラム

画像の中の、明るさや色の成分の分布等を一覧にできるようにしてあるのが、ヒストグラムです。
これを見ながらトーンカーブというグラフ上で操作します。
パソコン上の操作ですので、トーンカーブを触れば画像がリアルタイムで変化しますので、結果がそのまますぐ判ります。

夜景や、夕暮れ等で、光量が十分でない場合は、暗い部分が多くなりがちです。
しかし、この機能で全体の光量レベルを下げると、見えなかった暗闇のなかの画像がはっきりと浮き上がったりします。

照明の具合によっては、本当の自然界の色とは異なる場合もあり得ます。
赤過ぎたり青過ぎたりと症状は色々ですが、3原色其々独立してカラーバランスを取りながら、正常な色合いにする事が簡単にできます。

デジカメでもできる赤目補正なども当然できますが、最近は人間の肌色具合を調整して、モデルのような美しさを強調したりという機能もあります。

画質が劣化する場合もありますので、必ず元の画像をコピーしたものを補正するのがオススメです。

「写真を撮ったあと」の記事